Webアプリ『MandalArt』開発Blog

Sinatraで『MandalArt』開発・作成を試みるブログです。

検索機能をリィニューアルしてみた

検索画面をシンプルに f:id:hitkite:20161016212448p:plain

検索条件ルールをGoogle風にしてみた。 f:id:hitkite:20161016212615p:plain

セル内テキストのフォント・サイズを変更できるようにしてみました

 フォント・サイズを任意に変えたいと思い。 次のキー操作でフォント・サイズ変更機能を追加しました。

  • 上矢印キー: フォント・サイズのアップ 

  • 下矢印キー: フォント・サイズのダウン 

  • / キー: 標準のフォント・サイズに戻す 

 9×9マンダラ画面のセルに対しても、同様のキー操作で セル内テキストのフォント・サイズを変更できます。

セルへのテキスト入力について

 セルにテキスト入力する機能がどうも動いてなかった。 開発環境では機能していたが、デプロイした環境では動いていなかった。

 対処しましたので、本ブログ、本アプリ等についてのコメントをマンダラのセルに書き込んで下さい。

場所は、二つの自由帳のいづれかに書き込んで下さい。

f:id:hitkite:20160930054036p:plainf:id:hitkite:20160930054057p:plain

テキストエディタの使い方は、以下です。 f:id:hitkite:20160930053925p:plain

Simple is best! 3×3 マンダラ画面を極シンプルにしてみた

3×3マンダラ画面を3×3セルのみ表示するように見直した。

よりマンダラのセルのみに着目できるようになり、マンダラ思考に集中しやすくなることを期待する。

Before: メニューボタン、Bookmarkボタンが画面上位にあった。

After: メニューボタン類が画面上位から非表示にしたことで、3×3マンダラ画面がすっきりした。

iOS版のマンダラート・ツールの3×3マンダラ画面も、クールで最小限のボタン類を配置していて、Simle is best!な画面である。
 ・iMandalArt
 ・MandalArt
 ・LifeArt

f:id:hitkite:20160925100608p:plain

β版のマンダラート・ツールをWebアプリで作ってみました。

1.はじめに

 最近作成したマンダラート・ツールのアプリを紹介させて下さい。

 私のデバイスで動くブラウザ-Safari用にwebアプリのMandalArtぽい【web-mandala39】を作っています(単なる趣味で商用化にはならなでしょう)。

 1月から作り始めて、そろそろ準備が整うところです。 マンダラートの好きなところ嫌いなところを教えてもらえたら幸いです。 なぜならweb-mandala39はいくらかマンダラート・ツールのアプリに似ているからです。(例えば、使っている用語はマンダラートと同じです。)

 自分のマンダラ・ライフが涼やかで軽やかにしていくためのツールを、私のために作りましたが、多分、マンダラート使いの方なら、そこそこ使っていただければ手に馴染んでいただけると思います。

 やっと、ベータ版としてマンダラート使いの方にギリギリ見せられるところまできました。 そして形になりつつあるで、ここで簡単に発表してみようかと思います。

2.作ったもの

http://web-mandala39.herokuapp.com

f:id:hitkite:20160918182101p:plain

3.作成の経緯

 マンダラート使いとして、長年マンダラート・ツールを愛用・活用させて頂き、日々、マンダラ思考を実践、鍛錬してきました。

 その中で、iOSアプリのiMandalArtは、私の中で愛着、長年愛用させていただいているマンダラート・ツールの一つです(最近、リリースされたiOS10でも、私にとって問題なく現役で使い続けてます)。

 また、マンダラート・ツールがデジタルに進化してから現在まで、私のマンダラ・メモも毎日、毎週、毎月、毎年積もり積もって、ライフ・ログとして、私の人生の垢は、積層していってます。

 その垢も、時々、ライフ・ログとして、私の日々の生活の中で、輝く時があります。 再度、思い出して見たくなったマンダラから、インスパイアーを受けることも少なくありません。

 垢が砂金に変貌する至極の瞬間です。とてもワクワク楽しい感覚が体中に走ります。 それもこれも、思考をマンダラでデジタル化したお陰です。

 垢を砂金に変えるサイクルを加速するには、次の機能が欲しくなり、なんとなく作ってみました。

  1. 私のデバイスからどこでもマンダラ思考がしたい。マンダラで綴りたい、考えたい、セルを動かしたい。

  2. デジタル・マンダラのメモである垢を、いつでもどこでも、思い立った時に、探し出したい(垢の匂いを復活させたい!?)

  3. マンダラ思考、マンダラをReviewする時は、大画面のモニターで、マンダラを眺めたい。

 じゃぁ、私の欲しいツールを作ればいいんじゃない?という考えに至りまして、作成に着手した次第です。

4.作って考えた事、学んだこと

 私の中で、欲しいマンダラート・ツールが具現化し、実現を開始しました。

 そして、マンダラート使いの仲間にも、同様の思いを巡らしている方もいるのでは、、、と思い、私のマンダラート・ツールをリリースしました。

「自分の深い喜びと、世界の飢餓との出会うところに人生の使命がある」

(リチャード・ボールズ)

 自分が分け与えたいことを渇望している人がいて、その人に出会えたらそれは素晴らしいこと。最高です!

 ワクワク・ドキドキ、私が欲しいと感じたことが 同時に私がやりたいこと、それを実践することがワクワクすることだと感じられました。

 一応、一通り動いているのですが・・・まだ、微妙に不都合な現象が発生したりしてます。 引き続き、鍛えていきたいと思います。

目標達成用紙(マンダラート)で行動計画

開発目標の実現を加速するために、目標設定をしました。

Webアプリ『MandalArt』
Sinatra de MandalArt
公開するまでのステップ

このテーマ(目標)を達成するためにすべき行動計画を8つのSTEPで綴り、目標設定用紙(マンダラート)でアファメーションを作ってみました。

f:id:hitkite:20160818210922p:plain

newspicks.com

開発目標

  1. マンダラートのWebアプリを作成する。

  2. マルチプラット・フォームを目指す。

    Mac OS-X, □iOS, □Win7, □Raspberry Pi

  3. 毎日、自宅でも、職場でも使いたくなるデザインにする。

  4. マンダラの一覧表示、全体俯瞰表示を目指す。

    □9×9表示, □マンダラ・マップ, □アウトライナー

  5. RubyおよびJavaScriptでプログラミングを楽しむ。

  6. 過去・既存のマンダラ資産を活用するため、データの連携を図る。

    □Win版Mandal-Art,
    palm版Mandal-Art, □iOS版iMandalArt, □MandalArt, □LifeArt

f:id:hitkite:20160817203325p:plain